2020年 センバツ出場校一覧

21世紀

校名都道府県出場回数前回
帯広農北海道初出場-
磐城福島46年ぶり3回目-
平田島根初出場-

北海道地区

校名都道府県出場回数前回
白樺学園北海道初出場-

東北地区

校名都道府県出場回数前回
仙台育英宮城3年ぶり13回目-
鶴岡東山形41年ぶり2回目-

関東地区

校名都道府県出場回数前回
健大高崎群馬3年ぶり4回目-
山梨学院山梨2年連続4回目ベスト18
東海大相模神奈川2年ぶり11回目-
桐生第一群馬4年ぶり6回目-
花咲徳栄埼玉4年ぶり5回目-

東京地区

校名都道府県出場回数前回
国士舘東京2年連続10回目ベスト32

東海地区

校名都道府県出場回数前回
中京大中京愛知10年ぶり31回目-
県岐阜商岐阜5年ぶり29回目-
加藤学園静岡初出場-

北信越地区

校名都道府県出場回数前回
星稜石川3年連続14回目ベスト16
日本航空石川石川2年ぶり2回目-

近畿地区

校名都道府県出場回数前回
天理奈良5年ぶり24回目-
大阪桐蔭大阪2年ぶり11回目-
履正社大阪2年連続9回目ベスト32
智弁学園奈良2年ぶり13回目-
明石商兵庫2年連続3回目ベスト4
智弁和歌山和歌山3年連続14回目ベスト8

中国地区

校名都道府県出場回数前回
倉敷商岡山8年ぶり4回目-
鳥取城北鳥取8年ぶり2回目-
広島新庄広島6年ぶり2回目-

四国地区

校名都道府県出場回数前回
明徳義塾高知2年ぶり19回目-
尽誠学園香川18年ぶり7回目-

九州地区

校名都道府県出場回数前回
明豊大分2年連続4回目ベスト4
大分商大分23年ぶり6回目-
創成館長崎2年ぶり4回目-
鹿児島城西鹿児島初出場-

前回の優勝者、準優勝者は

2019年 優勝・東邦高校

第72回 愛知県高等学校野球選手権大会 1回戦を10-0で小牧に勝利したが、2回戦で中京大中京に7-0と敗北を決した。そのまま中京大中京が決勝・愛工大名電も5-0で勝ち取り、センバツの切符を掴んだ。

2019年 準優勝・習志野高校

第72回 関東地区高等学校野球選手権大会 準々決勝で東海大相模と激突した。東海大相模が1回に先制2ラン・四者連続タイムリーなどで12得点。得点は全て二死からのもので東海大相模の諦めなき攻撃に習志野の投手陣は打ち破られてしまった。

おすすめの記事