ロッテ

no image

2020/2/3

SMBC e日本シリーズ 巨人vsロッテ 1回戦

e日本シリーズ出場者 巨人 館野 弘樹 Tateno Hiroki 打率本塁打失点率奪三振ナイスピッチ率.31715本3.009個71.9% ペナントでは本塁打王のタイトルを取り、ヤクルトとのクライマックスでも大活躍 吉田 友樹 Yoshida Tomoki 打率本塁打失点率奪三振ナイスピッチ率.2909本4.882個63.5% スプラトゥーンでも優秀な選手。試合ごとに成長が目に見える 高川 健 Tagawa Ken 打率本塁打失点率奪三振ナイスピッチ率.1874本5.252個57.0% 豊富な知識と経験でチームをまとめている。リーダー的存在。 坂東 秀憲 Bando Hidenori 打率本塁打失点率奪三振ナイスピッチ率.2402本2.251個64.2% なんと巨人軍の職員である坂東。研究熱心である成長株。 ロッテ 清野 敏稀 Seino Toshiki 打率本塁打失点率奪三振ナイスピッチ率.2897本4.816個58.1% ミート打ちが得意戦術。ペナントも高打率をマーク。 下山 祐躍 Shimoyama Yoshiya 打率本塁打失点率奪三振ナイスピッチ率.2452本1.139個73.5% 圧倒的な投球術で失点率1.13。エース下山。 町田 和隆 Machida Kazutaka 打率本塁打失点率奪三振ナイスピッチ率.2608本4.031個62.1% ホームラン狙いはロマン。勝利を決める一発が出るか。 柳 虎士郎 Yanagi kojiro 打率本塁打失点率奪三振ナイスピッチ率.2402本2.251個64.2% 若手ナンバーワン柳。強気なプレーが特徴。 1回戦 1回~3回 巨人:吉田 ロッテ:町田 両者のスタメン ※ロッテ:黒枠 巨人:オレンジ枠 1回表 :ロッテ ロッテの1番からの攻撃だったが巨人山口に抑え込まれ、三者凡退 1回裏:巨人 1番丸のレフトへのキレイな流し打ちで出塁しかし、その後が続かず無得点 2回表 :ロッテ 4番からの攻撃も三者凡退 2回裏:巨人 ロッテ同様に三者凡退 3回表 :ロッテ 先頭打者の荻野が左中間を破り、2塁打田村がセカンドゴロで荻野が三塁へ藤岡がサード正面マーティンがショートゴロ後続が続かず、無得点 3回裏:巨人 ピンチを抜けた吉田だったがこの回も抑え込まれ、三者凡退 4回~6回 巨人:館野 ロッテ:下山 4回表 :ロッテ 攻撃は下山に代わったが三者凡退 4回裏:巨人 2アウトから王が四球を選ぶそしてゲレーロが高めを打ち、2ランを放つ巨人が先制! その後の阿部もセンターへヒットしかし、亀井がレフトライナーでチェンジ 5回表 :ロッテ 1アウトからバルガスの打球をショート坂本が送球エラーをして出塁2アウトになり、田村がレフトへヒットしかし、藤岡がライトフライでチェンジ 5回裏:巨人 吉川尚がレフトへヒットを放つ炭谷がバントで吉川尚が二塁に進む続く丸がファーストゴロの進塁打しかし、坂本がレフトフライでチェンジ 6回表 :ロッテ 先頭加藤がレフトスタンドに放り込み1点差! その後は三者凡退でチェンジ 6回裏:巨人 先頭 ビヤヌエバがセンターオーバーの2ベースヒットロッテは西野に投手交代交代した西野から王がライトへヒットを放ち、追加点! ゲレーロは併殺打で2アウトランナーなしとなるロッテは田中に投手交代続く阿部はショートゴロでチェンジ 7回~9回 巨人:坂東 ロッテ:清野 7回表 :ロッテ 巨人は畠に投手交代交代した畠を攻略できず、三者凡退 7回裏:巨人 ロッテ田中が続投し、好投巨人は手が出ずに三者凡退 8回表 :ロッテ 巨人は澤村に投手交代ロッテは鈴木大地を代打に出すがセカンドゴロ続いて代打安田を出すもファーストゴロマーティンもショートゴロでチェンジ 8回裏:巨人 2アウトからビヤヌエバがセンターヒットしかし、王がセンターフライでチェンジ 9回表 :ロッテ 巨人はレフトを松原・ライトを亀井に交代守備を固めていく巨人ロッテ加藤はセカンドゴロで1アウト井口は打ち上げてしまい、ショートフライ4番井上がレフトへ打ち上げ、交代した松原がキャッチ試合終了!3-1で巨人が先勝 結果 3-1で巨人が先制となった。館野選手が王で打ったホームランが決定打となり、さらに点数を取られた後にすぐに点数を取り返すのは非常に流れもよかったと感じた。 ただ、ロッテ側の下山選手が加藤で打ったホームランも一時タイムを取った直後で非常に落ち着いていた。流れとしては巨人に行ってしまったが、一つのプレー次第ではロッテも勝つことが出来たような試合に感じた。 お互いに良い点を発揮した1戦目。2戦目はどのような試合になるのか非常に気になりますね。

© 2021 ただ野球が好きなだけ Powered by AFFINGER5