大谷翔平が100年に1人の逸材(天才)の理由

ベーブルースから100年後の出現

メジャーリーガーの投手兼打者の大谷翔平が異次元の成績を叩き出し続けることはベーブ・ルースの生まれ変わりとも言われた2021年の記録を見ると、今後当たり前に起きるだろう未来と感じます。

そこで、なぜ大谷翔平が100年に1人の逸材なのか?

その理由を熱く解説します!!

目次

【親譲り】パワフルな体格、強靭な肉体

大谷翔平は身長193cm、体重93kgと規格外の体格と肉体で100マイルの豪速球とホームラン王を目指せる体躯の持ち主で、彼のお父さん大谷徹さんは身長182cm、彼のお母さん大谷佳代子さんは身長170cmとどちらも背が高く、優秀なスポーツ選手でもありました。

スポーツは肉体勝負(ガタイの良さ)で勝敗が決してしまう側面もあることから、素人目には野球ではなくバスケットボールでも極めて優秀な選手として活躍していたのだろうと感じます。

【日ハム】10年前のプロ野球ではあり得ない

一ファン目線で見たときに10年前の2004年に大谷翔平が日本ハムファイターズに入団していたら、メジャー挑戦も二刀流も開眼せずに監督の意向で打者or投手のいづれかに専念をする形になっていたに違いありません。

100年に1人の逸材だからこそ、海外を目指せる環境の良い雰囲気が少しずつ出てきた2010年代にプロ野球選手のキャリアをスタートできたのは彼の持ち運の一つだと感じます。

【生きる伝説】異次元のメジャーリーガーフロムジャパン

大谷翔平はプロ野球選手であり、投手であり、打者です。

パワプロ君に出てくる強打者でも、投手で完投するレアキャラは出て来ないわけですから今までにいない意味がわからない現象に近いのかもしれません。

大谷翔平を正しく評価することは同じプロ野球選手でも難しいでしょうが、新たな可能性を毎年模索しながらも体現するその姿は、本当の意味で生きる伝説のように思えます。

気づいたら10年後には、信じられない存在だったと記憶と、記録に残るでしょう。いや、残ります。

【謙虚】今までの圧倒的なプロ野球選手像ではない

イチロー、ダルビッシュ有、松井秀喜など誰もが知っているプロ野球選手は、その一人一人が一つの世界を持っている独特な個性を十二分に発揮してきました。

しかし、大谷翔平はグラウンドのゴミを拾ったり、お茶目な態度でファンに接したりと昭和、平成と続いてきたプロ野球選手の荒くれ者感がないニュータイプな存在に感じてなりません。

周囲を味方につける柔軟さも、彼を彩る逸材の理由になるんでしょう。

まとめ

大谷翔平が100年に一度の逸材とするなら、イチロー、ダルビッシュ有、松井秀樹など名だたるメジャーリーガーを塗り替える記録とプレイを見せてくれるでしょうし、現に生きる伝説のように次に何をしてくれるのか期待できる存在です。

気づいたら出てくる信じられない才能は、今までならその人自身の個性で花咲く物だったかも知れませんが、何もかもを味方につけて努力を惜しまない大谷翔平は、想像もできないプレイを行い続けるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる